ペットを運ぶ

飼い主とペット

対応している運送業者は

ペットだけを運ぶというサービスを行っているのは大手運送会社やペットタクシー会社があります。ペット輸送で運べるものとしては犬、猫、その他の小動物が中心です。利用されるケースとしては、転勤や引越しをした際にペットだけを運びたい場合や、ペットを遠方の誰かに譲りたいといった際にペット輸送が使われています。一方でペット輸送といっても、おおまかに3つのパターンがあります。ひとつは直行便と呼ばれるもので、陸運が可能な地域でペットを自動車に乗せて運ぶというものです。この場合には途中で休憩を取ることができるなどペットへの負担が軽いメリットがありますが、運べる距離が限られます。直行便以外としてはトラック併用と航空機併用があります。トラックの場合には拠点間の輸送を他の荷物と一緒に大型トラックで行うというものです。直行便とは異なって運送料が安くなりますが、ペットへの負担はやや大きくなります。直行便とトラック併用便では運べるのは車で行ける範囲のみに限定されますが、航空機併用の場合には長距離の移動には航空機が使われます。空港までの輸送は直行便で行われ空港間は飛行機が担うというもので、この場合には離島や長距離のペット輸送に使われます。料金はペットのサイズによって異なってきますし、またゲージがない場合にはゲージのレンタル料も掛かってきますが、おおむね、大都市間の航空機併用便であれば5万円程度でペット輸送を行うことができます。